「歯周病」はさまざまな病気の原因になり得る

健康情報

近年、歯周病がさまざまな病気の原因となることが知られるようになりました。

先日には、認知症(アルツハイマー病)との関連も報道され、認知症予防につながる発見として注目されています。

記事によりますと、九大や北京理工大(中国)などの研究チームは、マウス実験により、歯周病菌が、異常なたんぱく質が脳に蓄積するのを加速させることを突き止めました。この発見により、歯周病の治療や予防で、認知症の発症や進行を遅らせることができるようになる可能性が広がりました。

認知症の原因が明らかに 発症予防には歯周病対策を|テレ朝news
 アルツハイマー型認知症の発症に歯周病が関係している可能性があることが分かりました。専門家は正しく歯を磨くことなどが予防につながるとしています。  アルツハイマー型認知症は世界中で研究が進められていますが、治療法はまだ見つかっていません。しかし、最近になって認知症の患者の脳内から歯周病の原因菌が検出されたことから、治...

更に日本臨床歯周病学会の記事では、心筋梗塞や脳梗塞、さらには糖尿病との関連性も指摘されています。

日本臨床歯周病学会 | 歯周病が全身に及ぼす影響
日本臨床歯周病学会、歯周病が全身に及ぼす影響。

あと個人的には、歯周病によって大量発生した雑菌を長期間に渡って飲み込んだ場合、消化器系のがんを誘発する可能性があるんじゃないかと疑っています。まだ確固としたエビデンスはありませんが、実際にそれを指摘する医師もいます。

このように、歯周病と他のさまざまな病気との関連が指摘されるとともに、口腔ケアの重要性もかつてなく高まっています。

では、歯周病とはどんな病気なのか。予防法はあるのか。
そのことについては、下記の記事が秀逸で良くまとまっています。

この記事でも、歯周病と全身疾患との関連が語られています。

歯周病は様々な全身疾患とも関わりが深く、現在当院に通院中の患者様でも、数名ですが過去に歯周病から全身に波及し長期間の入院を余儀なくされた方もいらっしゃいます。

かたおか歯科クリニックのサイトより

歯周病を予防・治療することの重要性を理解していただけるのではないかと思います。

朝起きた時にお口の中が臭いあなたはもう立派な歯周病患者。
さぁ、今すぐに歯科医を予約しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました