ストレスで髪の毛は薄くなるのか?

健康情報

最近は男性だけでなく女性にも薄毛の人が増えているようです。その多くは現代社会におけるさまざまなストレスが原因のようです。仕事や人間関係・異性との関係などストレスの種は回りに溢れています。いかにストレスを取り除くか。難しい課題ですね。

ここに紹介するのはある外国の医療相談コーナーで「頭髪が薄くなることとストレスとの間には相関関係があるのですか」という読者の質問に専門家が回答したものである。その概要は以下の通り。

* 精神的ストレス、肉体的ストレス(重病、手術後など)の双方が髪の毛が薄くなることと関係があります。これはストレスが髪の毛を薄くすることに関係しているホンルモンの変化をもたらすからだと考えられます。例えば、妊娠、甲状腺障害、経口避妊薬などのためにホルモンが変化して頭髪が薄くなることはよく知られている事例です。

* 頭皮をこすったり、髪の毛をひねったり、ひっぱったりする習慣も髪の毛を薄くします。こういう習慣自体が何らかの心理的ストレスへの反応ですが、それがさらに髪の毛を薄くするという原因になっています。

* ホルモンの変化から髪の毛が薄くなる場合は、数ヵ月から2年ぐらいの間にそのような症状が消えることが普通です。

* ストレスから頭髪を守るには、効果的なストレス管理の技術を習得してそれを実践することが症状の深刻さを緩和します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました